東海道本線

 

東海道本線は東京〜大阪・神戸を結ぶ路線である。また国鉄の大動脈でもある。

 

戦前から東海道新幹線開業までの歴史は輝かしいものであった。

文字通り「特別な」列車である特別急行こと特急列車が、「サンロクトオ」以降は1時間間隔で運行されるなど他の路線ではありえないダイヤが組まれていた。

 

昭和37(1962)年頃の案内表示器

 

東京駅では画像のように毎時00分に特急列車が出発していた。

なお「第1富士」は20:20に宇野に到着し宇高航路に連絡、高松で最終の急行「阿波」に接続していた。

 

昭和39(1964)年に東海道新幹線が開業してからは特急列車は夜行特急を除き基本的に全廃されてしまった。

「こだま」は新幹線急行として、新幹線特急「のぞみ」「ひかり」とともに現在も東海道を行く。一方「つばめ」など他の名称は山陽特急などに転身し、一部の名称はやがて消滅した。

 

現在は都市圏輸送と貨物輸送が中心だ。